リボ払いとカードローンを完済する6つのステップ

高額の収入を稼いでいるブロガーの中には、高金利のローンの返済することがきっかけでブログをはじめた人が意外と多いです。ブログをはじめてから1年程度でリボ払いやカードローンを完済したストーリーは、ブログを読む人に勇気を与えます。ブロガーたちはローンに向き合い、追加収入を生み出すことを決めて、お金の自由を手に入れました。

もちろん多くの人はブログの収入だけでローンを返済したのでは無いようです。共通しているのは返済することを宣言し、自分がどこまで返済できたかをブログに書き続けたことです。こうしてモチベーションを維持しました。その結果としてローンを完済し、さらにブログのスキルも上がり、今では毎月100万円以上を稼ぐブロガーに成長しているという成功パターンがあります。

数あるウェブサイトにはローンに関する説明をしつつ、キャッシングを推奨したり、ローンの借り換えを進めるサイトもありますが、ここでは短期的な対策ではなく、完済に注力した方法を取り上げます。

以下は、これまでローン完済に成功したブロガーたちのストーリーから学ぶ、ローン完済に向けた正攻法の紹介です。

1. ローンがいくらあるか知る

まずは全てのローンを合算して、今の自分にどれだけの債務があるのかを明らかにします。クレジットカードの残高、リボ払いの残高、キャッシングの残高、消費者ローンの残高を全て書き出して、今月の時点での数字を合算します。エクセルなどを使うといいでしょう。

ローンやリボ払いの残高の合算は、おそらく無意識に避けている作業です。めまいがするかもしれない作業ですが、意を決してやってみると、不安が減りモチベーションが湧くという効果があるようです。戦う相手がわからなければ、どう対処して良いかわかりません。

厳密に数字を把握することで、何だか良くわからない幽霊のようなローンから、具体的な数字をもった金融取引の記録に変わります。

ポイントは記憶に基づいて数字を丸めたりしないことです。何も考えずに、資料を引っ張り出して、エクセルを使って1円単位で足しましょう。何月何日時点と日付を決めて、利息も全て加算して計算します。

ローンがあることは何も悪いことではありません。貸したい属性の顧客に、金融機関が審査の上で現金を貸し出し、その対価にローンの利用者が金利を払っているだけです。これは対等な取引です。

2. ローンの詳細を調べる

上のステップでローンの残高を洗い出したら、次にローンについて詳細を把握しましょう。ここでのリサーチをすることで、返済に向けてのプランを立てるために役立てます。例えば:

  • 金利:ローンやリボ払いの返済では金利がもっとも重要となります。当然ですが、金利の高いローンから先に返済していきます。どのカード会社か、あるいはローンを借りた経緯などは関係ありません。資料を探して金利を特定し、淡々と調べて記録しておきます。
  • 最低支払額:金利に関わらず毎月の最低返済額が決まっている場合があります。その場合は、この金額を払うことで、ペナルティを避けなければなりませんので日付と金額を記録しておきます。
  • 自動引き落とし:リボ払いだと特に自分から設定しなくても毎月の返済額が設定されています。この金額はかなり長期の返済計画になるような最低の金額に設定されていることが多いです。

ここまででローンの全容、そして詳細が把握できました。

3. 予算を作る

もしまだなければ予算を作ります。ローンが増えたのは支出が収入を上回る状態だったからです。ここからは、収入が支出を大幅に上回るように、適切な予算を立てていきます。

ひょっとすると、今ではもうローンは増えておらず、収支がトントンでローンは増えないが、金利が負担なので返したい状態かもしれません。そういう時こそ、予算が必要です。

毎月の収入を細かくリストアップしましょう。そして、毎月の支出も細かくリストアップしましょう。細部が大事なので、およその予算では意味がありません。細かく作りましょう。

4. 収入を増やす

ここがもっとも重要なところです。一番の自由への近道は、追加の収入を生み出すことです。これを支出の節約と組み合わせることで、最速でローンを完済することができます。

もしも毎月追加で1万円でも生み出せれば、毎年12万円早くローンが完済できます。もしも10万円ならば、120万円分早く完済に近づきます。

ここではローン返済に向けて、今すぐにはじめられる追加収入のアイデアを載せておきます。

  • ブログを始める。ブログは追加収入を生み出すのにとても適したビジネスです。今では個人でもブログで毎月100万円以上稼ぐ人も多く、あなたも簡単にこの説明に沿ってブログを開設することができます。無料ブログサービスは収入を生み出すことは難しいので、自分のサイトでワードプレスのサイトを作ることが重要です。
  • アンケートに協力する。オンラインのアンケート会社では、回答するだけでポイントがもらえます。このポイントはお金に変えることができます。一番の大手はマクロミルです。暇な時間も有効活用しましょう。
  • ブログを代筆する。誰か他の人のブログを代筆します。テーマが指定されていて、その通りに書くことで報酬が得られます。このような仕事の募集はCrowdWorksに掲載されています。
  • 原稿起こしをする。インタビューなどの録音を聞いて、入力します。単価は低くても、ボリュームが多く、一定の需要があります。このような仕事の募集もCrowdWorksに掲載されています。
  • 新聞配達。早起きは三文の得。苦学生でなくても、新聞配達は定期的な追加収入になり、勤め先に行く前に終わらせることができます。
  • ウーバーイーツで働く。ウーバーイーツで食事を届けたり、ちょっとした雑用の請負の数をこなせば、追加収入になります。体を動かす雑用なら、健康にもいいかもしれません。
  • 駐車場を貸す。自分の家の駐車場でも都市部なら駐車場にすることもできます。
  • 残業する。今の会社で残業して、残業代を増やします。
  • 余った部屋を賃貸する。 例えば一部屋余分な部屋があるならば、知人に賃貸することができます。民泊を募集するサイトもあります。
  • 使っていないスマホを売る(スマホ買取)ネットオフなどでは使っていない機種変後のスマホを郵送で買い取ってもらえます。
  • ブランド品を売る。使っていないブランド品があれば、見つけてきて販売します。こちらの大手のブランド買取では、時計、ブランド服、ジュエリーなどを買い取っています。
  • 教科書を売る。大学生のころに使っていた教科書が残っていて、もう使わないのであればこの際断捨離しましょう。大学教科書買取に特化したサービスがあります。

関連記事:追加収入を生み出す50の方法

5. 支出を削る

上のステップで作った予算を一行一行吟味して、削れる支出が無いか見ていきます。何も無いということは無いでしょう。何かあるはずです。

こうして支出を削っていくと、意外とどうでも良い支出があることに気がつくはずです。深く悩まなくても削れる支出があるはずです。あまり気にしていなかった支出があるからこそ、こうして予算をエクセルに書き出すことに意味があるのです。

あるいは削ってもほんの1万円にも満たないという支出もあるでしょう。こうした経費こそ、削ってもあまり気にならないものが多いのです。こうした節約を積み重ねれば、簡単で大きな節約になります。

例えば、経費を下げるには以下のようなアイデアがあります。

  • 携帯を格安SIMに変える。OCN モバイル ONEはNTTグループの携帯電話会社で、ドコモの回線を使いつつ番号も変わらず、単に料金だけが下がります。今すぐ乗り換えて毎月継続的に節約をすべきです。
  • ATM手数料をなくす。休日や時間外に下ろすと数百円かかる場合があります。ただただ、やめましょう。チリも積もればです。
  • 期日通りに支払う。返済が遅れるとペナルティが課されることがあります。上記のステップでローンを洗い出したならば、日付と金額は分かっているはずです。
  • 保険を安くする。昔加入した保険がそのままになっているかもしれません。必要な保険は重要ですが、リスクとニーズが合致しないと無駄になります。保険コネクトなどで無料で相談も可能です。
  • 車を売る。もしも都市部に住んでいるなら、しばらく車がなくてもいいかもしれません。駐車場代や維持費、自動車保険を考えると、年に何回か旅行でレンタカーする方が大幅に節約になります。都内なら駐車場だけで年間数十万円の節約になるでしょう。
  • 料理をする。外食を避けて、家で調理するようにすれば節約になります。レシピ本を買って美味しい料理が作れれば、健康にも良く、豊かな食事が家でも楽しめます。
  • 今より低い賃料の家に引っ越す。賃貸ならば多少狭い、駅から少し遠いということを我慢すれば、それ以外は希望を満たす物件があるかもしれません。
  • お金をかけずに楽しむ。外出しないのではなく、より体を動かすことをすれば、もっと少ない予算で充実したレジャーが楽しめます。例えば、ハイキング、ジョギングなどです。

6. 最低限以上の金額を返済する

最初に作成した予算とは別のページに、上の追加収入と追加の節約を記録します。計画とともに、実績も記録しておきます。追加収入と節約分が返済に回すことができる新しい資金となります。

もちろん節約分と追加収入を全て返済に回す必要はありませんが、最低限以上を返済し、どれだけ実際に返済したかを記録しておきましょう。

厳しい、あるいは難しいと思うかもしれませんが、この方程式で成功している人たちがたくさんいます。しかも、マスターした頃にはローン返済が終わるだけでなく、その時には追加収入も大幅に増え、節約の技術も身についているので、経済的に自由な未来が待っているでしょう。

コメント